一般社団法人ナーサリーラボ

行政への意見書提出

現在こちらの署名サイトで、賛同者・署名・コメントを募集しております。

ぜひ皆様のご署名ご支援をよろしくお願いいたします。


 

保育園は大別すると「認可保育施設」と「認可外保育施設」に区別されます。

そして「認可外保育施設」をさらに区分すると、行政からの補助がある東京都認証保育施設などと、行政からの補助が一切ない保育所に区分されます(ここではあえて「無認可保育施設」と書きます)。

※「無認可」と書くと「無許可」と勘違いされますが、実際には各都道府県に届け出がされており、また「認可外保育施設指導監督基準」に則って運営されています。

 

ここでよく聞く「待機児童」という言葉について説明しますと、待機児童とは「認可保育施設に入園を希望していながら入園できない児童」と定義されています。

従って待機児童の中には、認可外保育施設を一時的に利用している人も多くいます。

 

ではなぜ皆認可保育施設に入りたいのか?

一番の大きな理由は保育料の安さではないでしょうか?

認可保育施設の保育料は世帯年収により決まりますが、20,000円~40,000円程度と考えれば、当たらずとも遠からずではないでしょうか?

一方、無認可保育施設は、60,000円~100,000円くらいではないでしょうか?

認可保育施設と比べると倍以上の差があります。

同じ保育をしているのに、このような保育料の差が出てしまうのは、施設に対して「補助」があるか・ないかの違いによります。

 

ナーサリーラボでは、この点を問題視しており、無認可保育施設にも何らかの補助を検討してもらえないか?と考えております。

※当然すべての無認可が基準を守り正しく運営されているわけではありません。その点はご留意ください。

 

保育施設に対する補助は、どのようなものが望ましいのか?会員やその施設に通う方々の意見も聞きながら、内容をまとめていきたいと思いますので、ご意見のある方はぜひお問い合わせください。

 

プロジェクトの進捗状況や内容なども随時お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

またナーサリーラボでは、このような取り組みに賛同いただける会員を募集中です。

ぜひこちらのページもご覧いただき、会員登録をご検討ください。