一般社団法人ナーサリーラボ

法人の目的・活動内容

法人理念

一般社団法人ナーサリーラボは、認可外保育園の資質向上・運営支援を主目的とし、さらによりそこで働く人々・そこに通う人々の環境改善を目指します。

 

1.他施設との連携強化・交流会の提供

同地域にある認可外保育施設同士であれば、お互いが競合するライバルかもしれませんが、地域が変わればそんなことはありません。そして多くの認可外保育施設から「他施設はどのような運営をしているのか?」と言う声をよく聞きます。

ナーサリーラボでは、ナーサリーラボを通じて会員施設との交流・連携・協力の場を提供します。

 

2.各種セミナーの開催

認可外保育施設向けのセミナーや勉強会など、年に数度、行政が企画したものが無料で開催されることがあります。しかしそのほとんどは平日の昼間で、限られた人員で日々の保育を行っている認可外保育施設のスタッフは、参加したくてもできないという現状があります。

ナーサリーラボでは、保育に関する勉強会はだけでなく、保育施設の運営に必要な経営的なセミナーやITスキルアップを目的としたセミナーなど、会員様にとってメリットのあるセミナーを企画・提供していきます。

 

3.行政への意見書の提出

運営費補助のない認可外保育施設は、高額な保育料を利用者の方々に負担していただいております。自治体によっては、認可外保育施設の利用者に補助を出しているところもあるようですが、それはごく一部であり、まだまだ認可外保育施設に対する補助は十分ではありません。

高額な保育料を負担している保護者様のためにも、強いてはそれにより認可外保育施設の運営の安定化につながるように、認可外保育施設の抱えている問題をまとめ行政に意見書として提出する活動をします。

 

 

その他、求人に関する取り組みや保育施設を有効活用するための付帯事業の提供など、会員様の声を聞きながら、会員様にとってメリットのある取り組みを随時検討中です。

こんなことをやってほしい!、こういう場合はどうしたら良いのか?皆様からのご意見・ご相談も受け付けております。