一般社団法人ナーサリーラボ

都議会議員の視察

ナーサリーラボの会員である「おおぞら保育園」に都民ファーストの都議会議員、音喜多駿氏が視察に訪れたそうです。

待機児童の解消には、認可外(無認可)の活用も必要ではないか?そのためには何かしらの行政からの補助が必要ではないか?無認可と言うネーミングが誤解を招くこともあるのではないか?などなど、今までナーサリーラボの会合で話し合われてきた内容についてお伝えし、共感を得られたそうで、その様子が音喜多氏のブログにも掲載されています。

ぜひご一読ください。

 

「認可外」「無認可」保育所の待遇改善・イメージ改善を!待機児童解消のための次の一手