認可外保育施設の地位向上・連携強化を目指して

第二回ナーサリーラボセミナーが開催されました

本日第二回目のナーサリーラボのセミナーが開催されました。

 

式次第

  1. 開会の挨拶、理事の挨拶、会員の自己紹介
  2. 小規模保育事業、企業主導型保育について
  3. ナーサリーラボ小プロジェクトの立ち上げについて
  4. フリートーク
  5. 閉会の挨拶

 

本日は上記内容で行われました。

 

小規模保育事業、企業主導型保育については、特に最近、企業主導型保育についての動きが活発であること、具体的な補助金事例なども交えてお話ししました。

このテーマの中で多く聞かれたことは、補助金の在り方が偏りすぎているのではないか?ということでした。

その話題の流れに沿って、ナーサリーラボ小プロジェクトの立ち上げの話も活発に行われました。

まず各施設が感じていることに、認可外(無認可)保育施設にも何かしらの補助金を出すようにしてもらえないか?ということでした。

これらの歪みにより求人も大きな課題となっていることが浮き彫りになりました。

  • 認可施設には潤沢な補助金があるため給与水準を高くできること。
  • 借り上げ社宅制度もあるため、さらに求人が認可施設に有利に働いてしまっていること。

これらの影響を受けて認可外(無認可)保育施設では、高めに給与を設定しても求人の応募が来ない、という状況になってしまっているようです。

 

これらの課題を中心に、ナーサリーラボでは小プロジェクトを立ち上げ、具体的に取り組んでいくことになりました。

小プロジェクトの詳細は、骨子がまとまり次第、ホームページ等でお伝えしていきます。

 

 

今回もあっという間に時間が過ぎてしまいましたが、本日は場所を変えて第二部としてランチミーティングも行いました。

皆さんで食事を囲みながら、様々な話題が飛び交い、また施設同士の連携も深めることができました。

 

 

まだまだナーサリーラボも船出したばかりですが、少しずつ取り組んでいくべき課題も明確になってきました。

会員の皆さまのためにも、ますますエネルギッシュに取り組んでいきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 


なお、ナーサリーラボでは会員を募集しております。

一緒に認可外(無認可)保育施設の質の向上を目指しましょう。